未分類

家事代行のメリット

By on 2017年11月13日

条件面はどうでしょうか。専業主婦の方が、パートや副業を考える際に重要視するポイントは、時給が高いこと、経験の有無を問われないこと、短時間勤務でも働けること、働く時間が自由に組めること、勤務地が家から近いことなどです。これらのポイントを全て満たすお仕事が、家事代行なのです。

給料家事代行の時給の相場は1000~1500円です。お客様からの指名があると、時給がアップする企業もあります。もちろん、お客様宅に行くための交通費は別途に支給されます。他のパートなどに比較して時給が高いので、空いた時間を利用して働くだけで、月に10万円以上の収入も可能です。

短時間勤務も可能で、1日2時間、週1回というお仕事もあります。自宅から近い場所にある勤務地に絞ることもできます。自分のペースでスケジュールを組んで働くことができ、拘束時間が短くて済むことは、忙しい専業主婦の方にとって大きなメリットとなります。

家事代行は、日ごろから磨いている家事というスキルを活かして、自分のペースで働くことができ、時給も高く、そしてお客様から感謝される素晴らしいお仕事です。興味のある方は、ぜひ求人広告を出している企業に連絡をしてみてください。

未分類

家事代行に向く人

By on 2017年11月10日

毎日家事に頑張っていらっしゃる専業主婦の方は、すでに家事のプロフェッショナルです。つまり、専業主婦の方は、家事代行のお仕事に最も向いていると言えるでしょう。外で仕事をした経験がほとんどないので、何のスキルも持っていないと思い込んでいる専業主婦の方が家事代行のお仕事に就くと、お客様に大変感謝されて自分の磨き続けてきた家事というスキルの価値に驚かれることが多いのです。

料理お料理が好きな人も家事代行はとても楽しいお仕事になるでしょう。調理師免許を持っているとか、お料理のプロである必要はありません。お料理が大好きで、美味しいお料理を作れる人はお客様から引っ張りだこになるかもしれません。

掃除が得意な人も向いています。掃除はスキルが要求されるお仕事で、世の中には掃除を苦手とする方々もたくさんいらっしゃいます。あなたの持つ高い掃除スキルで部屋をピカピカにしてあげると、心から感謝されることでしょう。

子どもが大好きな人も、家事代行に向いています。なぜなら、共働きのご家庭にとって、親身になって赤ちゃんや幼い子どもの面倒を見てくれる人は必要不可欠な存在です。非常に信頼されて、お客様からのご指名が続くかもしれません。

未分類

家事代行のお仕事内容

By on 2017年11月9日

家事代行で行うサービスは、掃除、料理(食材の買い出し、後片付けも含む)、洗濯(アイロンかけなども含む)、赤ちゃんの世話、子どもの幼稚園、小学校への送迎、飼っているペットの世話(犬の散歩も含む)など多岐に亘ります。

家事代行サービスを行う企業が、全ての家事代行を請け負っているとしても、お客様の依頼はパッケージとしての全ての家事代行とは限りません。掃除だけしてほしい、子どもの幼稚園への送り迎えだけを頼みたいといったリクエストもあります。

赤ちゃんのお世話家事代行のお仕事に就くには、家事代行会社に登録を行い、雇用関係を結びます。家事代行会社はたくさんあり、家事全般だけではなく、赤ちゃんや子どもの世話、家の清掃、料理、高齢者のサポートなどから、興味のあるお仕事だけを選ぶことができる会社もあります。

家事の中に苦手なお仕事がある場合でも、心配は要りません。私は掃除が得意です、私は料理が得意です、などと自分の得意なお仕事で登録しておけば、そのサービスが必要な家庭に派遣されることになるので、自分の得意技を発揮できることになります。

毎日当たり前のことのように行ってきたあなたの家事のスキルが、たくさんのお客様を助けることになるのです。

未分類

増える家事代行の需要

By on 2017年11月8日

カーペットと掃除機夫婦共働きの世帯が増えています。2016年には共働きの世帯が1129万世帯で、専業主婦の世帯664万世帯の約2倍となったそうです(「専業主婦世帯と共働き世帯」独立行政法人労働政策研究・研修機構より)。

男性が家事や子育てを手伝ってくれる家庭も増えてはいますが、それでも女性にかかる負担が大きくなっていることは確かなことだと言えます。生活をするために、共働きによる収入が必要かもしれません。しかし、仕事と家事を両方させようとして疲れ切ってしまい、家庭から笑顔が失われてしまったら、本末転倒です。

また、日本は高齢化社会を迎えています。2016年度のデータを見ると、高齢者(65歳以上)が1人だけで生活している世帯は、高齢者がいる世帯のうち、27.1%だそうです。高齢者夫婦だけの世帯は31.1%で、高齢者だけで生活している世帯は高齢者がいる世帯の58.2%を占めていることになります(2016年度版「国民生活基礎調査の概況」厚生労働省より)。

共働き世帯の家事の負担をどのように軽減するか。高齢者のみの家庭の生活サポートをどのように行うか。今後需要拡大が見込まれるこれらのニーズに着目する業界は増えています。

家事代行もその1つです。共働きや、高齢者の家庭に出向き、家事を代行するお仕事です。家事代行はどのようなお仕事なのか。どのような人がこのお仕事に向いているのか。このサイトで詳しく説明させていただきます。