家事代行ってどんな人が向いているの?

家事代行はどのようなお仕事なのか。どのような人がこのお仕事に向いているのか
未分類

増える家事代行の需要

2017年11月8日

カーペットと掃除機夫婦共働きの世帯が増えています。2016年には共働きの世帯が1129万世帯で、専業主婦の世帯664万世帯の約2倍となったそうです(「専業主婦世帯と共働き世帯」独立行政法人労働政策研究・研修機構より)。

男性が家事や子育てを手伝ってくれる家庭も増えてはいますが、それでも女性にかかる負担が大きくなっていることは確かなことだと言えます。生活をするために、共働きによる収入が必要かもしれません。しかし、仕事と家事を両方させようとして疲れ切ってしまい、家庭から笑顔が失われてしまったら、本末転倒です。

また、日本は高齢化社会を迎えています。2016年度のデータを見ると、高齢者(65歳以上)が1人だけで生活している世帯は、高齢者がいる世帯のうち、27.1%だそうです。高齢者夫婦だけの世帯は31.1%で、高齢者だけで生活している世帯は高齢者がいる世帯の58.2%を占めていることになります(2016年度版「国民生活基礎調査の概況」厚生労働省より)。

共働き世帯の家事の負担をどのように軽減するか。高齢者のみの家庭の生活サポートをどのように行うか。今後需要拡大が見込まれるこれらのニーズに着目する業界は増えています。

家事代行もその1つです。共働きや、高齢者の家庭に出向き、家事を代行するお仕事です。家事代行はどのようなお仕事なのか。どのような人がこのお仕事に向いているのか。このサイトで詳しく説明させていただきます。